1. トップページ
  2. 粉ふき乾燥肌を改善するケア方法のポイント!

粉ふき乾燥肌を改善するケア方法のポイント!

粉ふき肌は大半が乾燥により発生します。

普通の乾燥肌より一歩ひどい状態。肌細胞が弱い、貧弱なのも重なっています。

しかし、乾燥肌なんて誰しもが自覚しているもの。特に女性ならほとんど自称乾燥肌でしょう。

それなのに粉ふきが起きるには、ある共通点があります。

洗顔が丁寧すぎる

美肌を意識すると自ずと洗顔に力が入ります。

しかし、本当に美肌になる洗顔というのは、洗い足りないくらいのもので、この線引を間違えている人が多くいます。

間違えるとどうなるかというと、一歩ひどい乾燥状態になるのです。

洗顔は脱脂機能があります。油がさっぱり取れるのですが、角層の隙間に詰まっていて、大量の水分を挟み込んでいるセラミドも脂質なのです。

つまり、皮脂やメイクなど油性の汚れをしっかり落とそうとすると、セラミドも一緒に多く落ちてしまいます。

誰だって洗顔時にセラミドは減少するのですが、一定時間たてば元に戻ってきます。

でも、美肌を意識した丁寧な洗顔は、その戻る量以上のセラミドを減らしてしまいます。その結果、セラミドの回復が追いつかず、次第に粉ふきするほど角層が乾いてきます。

今の洗顔は譲れない!そんな私でも粉ふきを抑えられる方法は?

ただ洗顔はみなさん、こだわりや慣れがあってなかなか矯正が難しいですよね。

なので、これまでのすっきり感を維持しつつ、粉ふき症状を抑えられる方法についていくつか紹介します。

1.洗顔料はクレイウォッシュタイプにする

別に粉ふきだけに限ったわけではないのですが、クレイ(泥)タイプの洗顔料は、非常にすっきりして水分感が残るのに、ちゃんと皮脂や汚れが落ちるのに、過剰な角質除去、皮脂の脱脂がされないのが特徴です。

これは、泥のマイナスイオン効果による汚れ吸着機能があるため、石鹸成分や界面活性剤といった脱脂に係る成分を少なくすることができるからです。

泥が毛穴や皮脂とホコリが混ざった汚れを吸着除去しますが、脱脂機能があるわけじゃないのでセラミドは落とされないわけです。

粉ふき乾燥肌はセラミド不足が招いた結果。クレイウォッシュに変えるだけでも粉ふきが治まることがあるくらいです。

2.肌の貯水機能成分を化粧品で補う

粉ふき症状は乾燥肌なので、保湿すればいいと誰でも思うでしょう。

でも、今粉ふきで悩んでいる人だって普段から保湿していますよね?それでも粉がふいているわけです。

そうなると化粧品の保湿効果が悪いんじゃないの?とあれこれ試されるかもしれませんが、かなり運が良くないと粉ふきは治まらないでしょう。

なぜかというと、肌の貯水機能に着目している保湿化粧品は数が少ないからです。

まず海外の高級ブランドはダメですし、国内の有名ブランドでもかなり一部です。雑誌やネットの「潤った」という口コミは、肌の貯水機能とはほぼ無関係。全く参考にもなりません。

肌の貯水機能って何なの?

肌水分量は角層の中の水分量で決まります。

当然、その水分を維持するものがあります。

例えばティッシュを湿らせてヒタヒタにしても、10分もしたら結構乾いてくるでしょう。それだけ水は蒸発、気化しやすいんです。これは肌も同じ。

しかし、水分を抱えて離さない性質がある成分があると、水はほとんど蒸発しないため、肌水分量が安定して維持されます。これが貯水機能。

その貯水機能があるのが、角層にあるセラミドとNMF(アミノ酸)です。

粉ふき乾燥肌は、セラミドとNMFが極端に減ってしまい、角質細胞がカラカラになって剥がれる症状です。

ヒアルロン酸じゃダメなのか?

ヒアルロン酸は大量の水分を吸って維持しますが、実は水分を大量に含むだけで蒸発にはあまり強くありません。

それに、角層に元々ヒアルロン酸は存在しないため、浸透しても代謝されて角層内にあまり留まりません。

一時的に水分量が増えても粉ふきは治まりません。せめて寝ている間から次の日の夕方くらいまでは維持してくれないと期待はできません。

なので、現実的なのはやっぱりセラミドとNMFを直接角層に与えてあげることなんです。

それに、セラミドは脂質性があるため、角質細胞同士をくっつける作用もあります。粉ふきは角質細胞が浮き上がってしまうわけですから、セラミドを増やすことで粉ふき肌が落ち着いてくれるわけです。

ただ、ヒアルロン酸がダメってわけじゃないです。ナノ化されたうえで、リポソーム技術など医療薬で使われるような高度技術を使えば、角層の奥で長く留まるため、ヒアルロン酸のような安定しづらい保湿成分もセラミドのような働きをしてくれますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る