顔の粉ふき乾燥肌対策~保湿してもダメだった人へ

保湿してもしても粉吹きが治らない…

その理由は、表面だけの潤いしかケアできていないから。

粉が吹くほどの乾燥肌は、20代なら普通の保湿で何とかなりますが、30代以降になるともうちょっとやそっとの保湿では改善されません

しっかりと肌に水分を溜め込んで離さない。自活保水力が必須。これが20代後半からガクッと落ちてしまうから。

でもその自活保水力を実現できる保湿化粧品はあまり多くありません。

30代から大幅減少!自活保水力が低いと粉ふき肌になる

自活保水力?

自活保水力とは、肌自体が持っている保水力。つまり、どれだけ素肌で水分を維持できるかどうかです。

粉が吹く人の肌は自活保水力が低いため、仮に化粧水を大量に浸透させても水分を維持できず、すぐに乾燥して粉が吹いてしまいます。

粉ふき知らずの自活保水力はセラミド・NMFで維持される

自活保水力を上げるにはどうすればいいの?

肌の自活保水力とは、具体的にはセラミド、NMF(アミノ酸などの天然保湿因子)などが中心となっていて機能しています。これらは大量の水分を捕まえて離さない性質があるからです。

つまり自活保水力とは、セラミドはアミノ酸などを肌に増やすことで高まります。

30代以降は普通の保湿じゃ自活保水力が高まらない

なぜ私は保湿しても保湿しても自活保水力が高まらないの?

通常、保湿ケアをすれば自活保水力は高まります。

なぜなら、肌表面が潤いで満たされると、肌水分量の蒸発が抑えられ、それにより肌細胞の生まれ変わりが促進。それに伴いセラミドなどが多く作られるからです。

しかし、30代以降になるとターンオーバー力が衰えてくるため、一時的に水分蒸発を抑えるだけでは肌細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)が促進されません。そのため、十分なセラミドやアミノ酸NMFが作られず、貯水成分が角質層に増えず乾燥して粉ふきになります。

表面の保湿から卒業!角質層内側から保水して粉ふきサヨナラ!

粉吹き肌の自活保水力アップの秘訣は?

一つに、長い時間安定した肌水分量を維持することです。

一般的な保湿化粧品では、肌表面に水分の皮膜を作ることで潤いを形成。その水のベースで水分蒸発を防ぐのですが、肌表面に乗っている状態なのでそれ自体が乾燥しやすく、また肌から離れやすくなります。

そのため、水の潤いベールが維持できる時間が短く、また肌から水分が蒸発してしまいます。

そこで、もう一歩奥の角質層内部に保湿成分を浸透させ、それを維持することにより、より長い時間肌水分量を維持できて、自活保水力を高めることができます。

40代・50代はHSPや成長因子で後押しするとなおよし

もう1つは?

特に年配の人に多いのですが、第二の自活保水力が低下しているため、肌表面の自活保水力だけでは粉吹きが改善されないことがあります。

これは、真皮層にあるヒアルロン酸、コラーゲンなどの減少により、肌表面に十分な水分を送り届けられないためです。

通常の乾燥肌、粉吹き程度では、この真皮層の乾燥までは問題になりませんが、年齢とともに肌を作り変える力が弱まるため、肌表面の保湿ケアではどうしようもなくなります。

この場合、グロースファクターと呼ばれる成長因子(EGFやFGFなど)が活躍。

直接的な自活保水力とは関係ありませんが、自活保水力を底から支えるのに重要な成分。

最近ではHSP(ヒートショックプロテイン)という肌を作り変える司令を出すものも大きな注目を集めています。

ヒト型セラミドかリポソームをベースに保湿成分を選べばモチモチ肌に

自活保水力を高めるのに役立つ成分は何?

即効性が高くてお手軽のは、セラミド、それもヒト型など浸透性、親和性が高いものがベスト。

もしくは、リポソーム化された保湿成分。これは通常肌に浸透しにくい水溶性の保湿成分も角質層奥まで浸透させることができ、なおかつ長時間その作用を維持することができる技術です。

年齢肌などで表面的な貯水では改善されない場合は、EGFやFGF、IGFといったグロースファクター成長因子、HSP(ヒートショックプロテイン)などです。

これらは表面的な潤いではなく、さらに奥の自活保水力の底を支えるのに重要な役割を果たします。

ただこれらもしっかりと必要な場所に浸透しないと意味がありません。そのため、リポソーム化されたものや、浸透性に優れた技術を用いたものが望まれます。

しっかり粉ふき対策できる基礎化粧品タイプならこれ

貯水成分、浸透技術、30代以上の年齢肌にも対応した内容でピックアップ。

リポソーム+成長因子で化粧のり変わる
ビーグレン Qusome

このブランドの浸透技術は世界レベル。あくまで化粧品扱いですが、化粧品にとどまらない技術が使われていて実感はかなりのものです。

その理由がリポソーム。他社でも同じ技術がありますが、ビーグレンはその安定度に優れており、しっかりと貯水成分を角質層すみずみにとどめます。すぐに乾燥してしまう粉ふき肌を一発で落ち着けてなめからに。

各種成長因子もしっかりと肌に届けられるので年齢肌にも最適。ピュアビタミンC美容液でダメージを受けた粉ふき肌をいたわれるのも◯。

敏感肌専門ブランドで安心もちもち
ディセンシア つつむ

粉ふき乾燥肌になるとバリア機能が低下。何やっても刺激を感じる人もいます。

そんな人でもモチモチ肌になれているのが敏感肌専門ブランドのヒト型ナノセラミド基礎化粧品です。

こちらは肌が荒れていても大丈夫なほど。しかもしっかり奥からセラミド貯水。一発でモチモチになり、それが翌日夕方まで続くのがすごいところです。

化粧品を変えるのが怖い、不安という人はまずこれでしょう。

忙しい人、もっと手軽に粉ふき対策なら実力派オールインワン

オールインワンの多くはイメージ通りの手抜き製品。

でも以下の様な貯水保水成分が豊富。そして浸透技術と年齢肌対応内容なら、むしろ角質に触れる回数が減ってオールインワンのほうが効果的とも言えます。

天然セラミド大量+成長因子でパックもできる
リダーマラボ モイストゲルプラス

防腐剤も界面活性剤も使わない超ナチュラル志向。でも自活保水力を高めるしっかり内容。

かなり豊富な天然ナノセラミドにNMFとなるアミノ酸19種類、3種類のヒアルロン酸とのタッグで粉ふき肌を内から水分供給。モチっとした感覚が簡単に実現できます。

オールインワンで簡単なので、産後や肌の触りすぎが気になる人にも最適。同ブランドのこんにゃくスクラブクレンジングなら、粉ふき肌でも角質を痛めずに毛穴オフもできるのでこちらもチェック。セラミドこんにゃくスクラブクレンジングはこちら

肌水分量が上がる改善成分で高実感
ライスビギン オールインワンエマルジョンNo.11

肌水分量を上げて粉ふき肌を改善するために必要なセラミド。これを増やす作用が認められた医薬部外品オールインワンです。

セラミドを増やす作用が認定されているのはこのライスパワーエキスNo.11のみ。

非常にあっさりベタつき、テカリがなく、じわじわと肌の保水力を上昇させ、自然で長続きする滑らか肌に導きます。オールインワンだけどオールインワンじゃないような、非常に高い作用と実感が特徴です。今なら2ヶ月使えて初回わずか1,980円。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る